コテスロビーチでのバックショット
ご案内 infomation
結婚の手続き Process
スペック specification
行程表 plan
準備 preparation
場所 location
女子会 girls talk
ワイン wine
1日目 First day
2日目 second day
3日目 third day
4日目 fourth day
5日目 Fifth day
6日目 Sixth day
7日目 Seventh day
8日目 Eighth day
9日目 ninth day
10日目 tenth day
11日目 Eleventh day
12日目 twelveth day
13日目 thirteenth day
まとめ summary
リンク link
よくある質問 FAQ
コンタクト contact

 

オーストラリアで結婚式を挙げてみるテストオーストラリアの法律に則って、日本人同士のカップルが自力で、結婚式を挙げて帰国するまでのドキュメント
女子会 [girls talk]
■女子会[Girls talk]
ご案内[infomation] ちょこっと自己紹介[specification] 結婚の手続き process 準備[preparation] 行程表[plan] 今回立ち寄った場所[location] 女性目線で見る、今回の結婚式の旅[girlstalk] 行程表[plan] 到着[flight] レンタカーでマーガレットリバーへ[go to Margaret River by car] ワイナリー巡り[winary] ダンズバラのカフェ:yallingup cafe パースでのひととき[Stay at Perth] 嫁家族到着[pick up] 結婚式[wedding] 車上荒らし[thief] 卒業式[graduate] 写真撮影[photograph] ゴルフ[golf] ワイルドフラワー[Wildflower] 帰国[return] 結婚式の旅のまとめ[summary] 今回の結婚式の旅でお世話になった各所へのリンク[link] 今回の結婚式の旅についてのよくある質問[faq]

 婿は、段取りに興味が集中していますが、やっぱり女性が結婚式で気になるのは、ズバリ自分たち。婿には、イマイチ理解できないこの分野について、が綴ります。

 花嫁の当日準備に必須なのは、衣装、ヘア準備、メイク準備の三つ。それに加えて、(本人以上に)キレイに撮影してくれる写真屋さんがいれば完璧でしょうか。日本では会場・会社がこれらを含め、パーティー・司祭・招待状等を手配してくれますが、オーストラリアではそれぞれの業者を自分で手配するか、それとも、wedding organizerを雇って手配してもらうかのどちらかです。今回は、大掛かりではありませんでしたので、自分でそれぞれを手配しました。

   ドレスは日本からの持ち込みです。祖母が母に作った30年モノのシルクのワンピースを仕立て直しました。お世話になったのは、コチラでした。お値段もレンタルよりお安い位で、丁寧に仕立てていただきました。因みに、婿のレンタル衣装もこちらで手配していただきました。
 
link icon ハニサクルさん

 海外で挙式する際は、日本でドレスを手配して行く人が多いようで、海外挙式用のレンタルパックもあるみたいです。ドレスを運ぶ場合は、手荷物として飛行機内に持ち込みます。機内に着いたら、スタッフの方に頼んで、ハンガーにかけてもらいましょう。折しわを避けるためです。今日日、海外挙式は多いもの。お店にも経験があることが多いので、細かいアドバイスはお店の方に伺うことをおすすめします。

 ヘアメイクは、自分たちでやることもできますが、一般的なのはやはり、プロに頼むことでしょう。普段、最低限メイクしかしない私は、やはりプロに頼むことにしました。こればかりは日本から持ち込みというわけにはいけないので、現地のプロをあらかじめ日本からメールで予約。ぶつけ本番では怖いので、別料金でのリハーサルを頼みました。リハーサルはスタジオにて行われますが、当日はもちろん宿泊先まで来てくれます。

 海外挙式向けに現地のスタッフに希望のメイクを伝えるために、日本国内で、リハーサルをおこない、それを英語と絵に起こしてくれるサービスもあるようです。私は頼みませんでしたが、調べてみるのも悪くないかもしれません。

 

 日本で披露宴をした際のメイクと比較すると、やはりオーストラリアの方がメリハリある感じになります。日本の女優さんのメイクとハリウッドに出てくるアジア人の女優さんがのメイクの違い、といった感じでしょうか。私はリハーサルの時、目のアイラインをものすごく濃く、かつ釣り目な感じに入れられたので、それを修正し、ファンデーションを塗っていく際に、ベースを使うようにお願いしました。

 ヘアについては、気に入った髪型の写真を持っていくといいかもしれません。リハーサルで一度セットし、写真を撮ったものをモデルに当日髪型がセットされていきます。

 写真撮影は、本編7日目10日目にも記載がありますが、結婚式と後日の2日に分かれました。結婚式の前の打ち合わせを、二人の普段着での撮影をしながら行うこともよくあるそうです。私達はすぐ帰ってしまうので、写真を編集せずDVDに焼きつけて送ってもらいました(その分少し割安にしてくれました)。しかし、多くの場合は、写真を加工し、アルバムにするところまで行ってくれます。

 当日は、結婚式の準備、結婚式、パーティと計4時間、本当にたくさんのナイスショットを撮ってくれました。オーストラリア仕様のかなりコッパズカシイ写真も(それも、ものすごい強引に)撮られましたが、それもいい思い出ですし、やはりプロの見立てたポーズ・ロケーションはすばらしかったです。旅の恥はかき捨てとばかり、はずかしがらず、写真家に従うことをお勧めします。

<< 続いて、準備するものを確認しましょう >> 準備[preparation]
ご案内[infomation] ちょこっと自己紹介[specification] 結婚の手続き process 準備[preparation] 行程表[plan] 今回立ち寄った場所[location] 女性目線で見る、今回の結婚式の旅[girlstalk] 今回の旅で出会ったワイン達[Wine] 到着[flight] レンタカーでマーガレットリバーへ[go to Margaret River by car] ワイナリー巡り[winary] ダンズバラのカフェ:yallingup cafe パースでのひととき[Stay at Perth] 嫁家族到着[pick up] 結婚式[wedding] 車上荒らし[thief] 卒業式[graduate] 写真撮影[photograph] ゴルフ[golf] ワイルドフラワー[Wildflower] 帰国[return] 結婚式の旅のまとめ[summary] 今回の結婚式の旅でお世話になった各所へのリンク[link] 今回の結婚式の旅についてのよくある質問[faq]
オーストラリアで結婚式を挙げてみるテスト ©Copyrights 2010-2016, non-standard programmer

このサイトは、あくまでも私達の個人的体験を、綴ったものです。 軽く参考程度にご利用ください。